ようこそ! 「ゆらりアイルランド旅行」へ

ポータルトップ >  ドライブを楽しむ  > 田舎の道しるべにはご注意を


田舎の道しるべにはご注意を


混乱する事必至の昔ながらの道しるべも今は少なくなりました。アイルランドの田舎道を、レンタカーで走る楽しみは格別です。ミシェランの地図を傍らに、氷河の遺した美しい曲線を描く丘陵を駆け抜けていくと、次々に新しい風景が開けていきます。ほとんど一本道が基本ですから、道に迷うこともまずありません。問題なのは、十字路などの分岐点に出くわしたときです。

地図を持っているのにかかわらず、アイルランドの田舎道は、時としてどちらに向かっているものか、心配になってくることがあります。その原因の一つは、昔からある矢印式の道しるべというのは、いったいどうしたことでしょう。アイルランドの田舎の道しるべは、「何処どこまで何マイル」といった形で示されているのですが、ゲール語で地名を書いてある場合も多く、小さくて読みにくいのに加え、十字路などではその真ん中に立っていて、ちゃんと確認するには道の真ん中で車を止めたり、スピードを緩めてよく見えるようにする必要があるのです。ヒッチハイカーのところで述べた、大きなラウンドアバウトなら、それぞれの道の手前に大きな表示があって便利にできていますが、昔ながらの田舎道ではそうはいかないのです。

かくして、十字路の真ん中で車を止めて地図に見入る・・というのは、アイルランド旅行者のお決まりの姿になってしまいました。西部海岸地方の広い荒野のど真ん中で、各方面から走ってきた車が止まり、それぞれから降りた旅行者たちがお互い自分は何処から来たと言い合いながら、情報交換をしている所に混ざったときには、さすがに可笑しくてみんなで笑ってしまいました。

そんなアイルランドの田舎の道しるべですが、今はどんどん減っているようです。さすがに不便ですものね。それでも懐かしく思う人は多いらしく、道標の看板がそのままモチーフになったお土産もたくさんあります。筆者もひとつ、お部屋に飾っていますが、眺めるたびに懐かしい思いがこみ上げます。不便さ、素朴さ、のどかさ・・そのすべてがアイルランドなんだと思います。


アイルランドへの旅行は、もっと安くなる!

アイルランドへはエクスペディアが一番お得!

エクスペディアは、世界最大の旅行予約サイト

しかも最安値の保証まであるから安心して予約できます。

もし仮に他社より高くても差額+5000円のクーポンまで付けてくれますよ。

世界最大の旅行予約サイト「エクスペディア」