ようこそ! 「ゆらりアイルランド旅行」へ

ポータルトップ >  ドライブを楽しむ  > 明かりの少ない田舎道は日暮れまで


明かりの少ない田舎道は日暮れまで


アイルランド、レンタカーの旅について、しばらくお話をしてきました。不案内な田舎道で、地図を広げる旅行者にとっては、土地の人々の親切もまた、身にしみる観光資源のひとつです。

農家が点在し、緑の美しい東部の牧草地帯。独特な形をしたケルト十字架の遺跡をたずねて、友人と車を走らせていた時のことです。はじめての土地とあって、地図はあってもやっぱり道に迷ってしまいました。付近は羊の歩く牧場で、近くには農家が一軒、にわとりとガチョウが門の辺りを出たり入ったり、いかにものどかな光景です。幸いにも、一人の農夫の方が門から出てきたので、車を降りて道を尋ねてみました。すると、どこからともなくもう一人の方が現れて・・気がつくと3人の人が寄り集まって、どうした、何か手伝う事は?といった様子です。結局、計3人の農夫がわいわい相談しながら、手取り足取りで道案内をしてくれました。世に言うアイリッシュ・ホスピタリティの精神は、こういう素朴な人々の心からの親切を言うのだろうと思った瞬間でした。

くねくねと曲がり、上へ下へと勾配を描くアイルランドの田舎道は信号待ちのストレスも無く、昼間はのどかで素敵なドライブを楽しめますが、日が暮れてくると、今度はそうも言ってはいられなくなります。なぜかというと、何も無いアイルランドの荒野では当然、街灯も町の明かりも無いからです。曲がりくねる真っ暗な道ほど、おっかないものはありません。一寸先は闇・・というのはまさにこの事です。普段はのろのろ運転しているとさっさと追い越しをかけられる場面でも、なかなか先へ行こうとする車はありません。後について行くほうが断然楽だからです。アイルランドをレンタカーで走る時は、日が暮れる前に宿を見つけるのが賢明なゆえんです。

荒野の道を走りぬけ、夕暮れとともに小さな明かりを灯したB&Bに宿を取れば、到着早々に美味しいお茶とビスケットで迎えてくれる民宿の暖かさが、しみじみと身にしみます。いかがでしょう?だんだん、アイルランドの魅力がわかってきたでしょう?


アイルランドへの旅行は、もっと安くなる!

アイルランドへはエクスペディアが一番お得!

エクスペディアは、世界最大の旅行予約サイト

しかも最安値の保証まであるから安心して予約できます。

もし仮に他社より高くても差額+5000円のクーポンまで付けてくれますよ。

世界最大の旅行予約サイト「エクスペディア」